ブログネタ
気になるニュース5 に参加中!
株価暴落により、大手銀行の「含み損」が、合計で1兆円を超えているそうです。
心配なのは、中小企業への貸し渋り。
個人への貸し渋り。
中小企業、個人は、金利の高いところへと流れて行くしかありません。
キャッシングの会社も、金融危機の煽りを受けて、経営がかなり厳しくなってしまったところがあるようです。
銀行も消費者金融も、これからは生き残りに必死になるでしょう。
その他の業界についても、どこもいかに生き残っていくか、が最重要課題になってくる会社が激増するでしょう。

少子化対策や高齢者福祉、心のケアなどが、「お金儲け」の対象になってしまう。
そんな時代は目の前です。


日本がどんどん「拝金主義」への道を歩んでいます。