ブログネタ
.気になったニュース7 に参加中!
YAHOOニュース「悪質内定切り」

上記ニュースより抜粋引用。

「悪質なケースとしては、内定取り消しを通告された男子学生が理由を聞くと「内定だから、説明する必要はない」と言われた例があった。会社は「こちらの取り消しではなく、自己都合で辞退すると書いて書面で送れ」と言い、学生が拒否して働くことを希望すると「採用してもすぐに解雇する」と言われたという。」


以上、抜粋引用。


「内定」という言葉は、都合のいいように意味を変えられ始めたようです。
大学生に対して、どんどん時期が早くなっていった「内定」。
内定イコール就職決定、と雇用する側も学生側も解釈する時代が続いていたのですが。
都合が悪くなると豹変するのは、自分の身を守ろうとする側のエゴ。
だから切り捨てる。

今の時点でこれだけの内定切りが出ているということは。
今後、どうなっていくのでしょうか。
内定切り以前に、内定していた会社そのものが消えてしまう、という事態もないとは言えません。
もちろん、就職直後に、倒産に巻き込まれる可能性だってあります。

そして就職氷河期に身を投じなければならなくなる。

でも、それは次の春に就職を迎える人に限ったことではなく。
少しは景気が上向きだったここ数年間の間に順調に就職した人たちも事情は同じです。



もちろん、もっと上の世代でも事情は同じなのです。