ブログネタ
最近の話題 に参加中!
YAHOOニュースより「カレンダーは幕末モノが人気」

上記ニュースより抜粋引用

幕末の重要人物たちの姿を日替わりで楽しめるのは「珠玉の一言 万年カレンダー」。1日から31日まで坂本竜馬や西郷隆盛、勝海舟をはじめとした幕末の主要人物たちの名言や歌がいっぱい。“ペリー来航”から“箱館戦争終結”までの歴史も分かり、激動の幕末を肌で感じ取れるカレンダーだ。毎日めくるもよし、お気に入りの人物や言葉のページで止めておくもよし。好きなように使いたい(1575円)。

また、オフィスでもさりげなく使えるのは置き型カレンダーの「土方歳三」と「吉田松陰と松下村塾」だ。熱いメッセージあふれるカレンダーをデスクに飾れば、仕事のやる気もアップするかも!? 月ごとに彼らの歴史や豆知識、歌なども見る事ができる(各840円)。


以上、抜粋引用


NHKの大河ドラマの影響も大きいようです。
でも、今だって十分に「激動の時代」。
これからいったいどうなるのか、と不安に思う人もかなり多いのではないでしょうか。

幕末に生きた人たちのカレンダーを、現代人はどんな思いで購入しているのでしょう。
今はまさに「激動の時代」。
いえ、実は幕末からずっと、日本は激動の時代を歩み続けているのかもしれません。