これはgooニュースの記事引用。

日本航空の2010年3月期連結決算で、税引き後利益の赤字額が約5000億円に膨らむ可能性があることが21日、わかった。

 人員削減など巨額のリストラ費用を計上し、「負の遺産」を前倒しで処理するためで、再建を主導する専門家チーム「JAL再生タスクフォース」が、銀行団に示した再建策に盛り込んだ。

 日航の5月時点の予想では、赤字額は630億円にとどまっており、一気に8倍に拡大することになる。

 景気悪化などによる業績の悪化で、本業のもうけを示す営業利益の赤字幅が当初予想の590億円から2000億円規模に膨らむ。さらに、9000人を超える人員削減に伴う早期退職の費用や、大型機材の処分など、リストラ実行に伴う特別損失などを織り込んだ。日航は、イラク戦争などの影響で国際線の業績が悪化した04年3月期に886億円の税引き後赤字となった。今回の計画はそれを大幅に上回り、過去に例のない規模の赤字となる公算だ。

 日航の業績見通しは、金融機関の債権放棄額や、公的資金も含めた増資額を算出する際に前提となるものだ。このため銀行団には、「見通しが厳しすぎ、銀行の負担が過大になる」(大手幹部)との指摘も出ている。



つい全文載せちゃいました。

gooニュースさん、ニュースお借りします。

ニュースのアドレスは

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/business/20091022-567-OYT1T00110.html

です。



こういうニュースが出てきたら、ますます株価が・・・・

なーんて話を、朝ごはん食べながら兄していたら。

100円を切ったら自動的に売りになるように設定してるらしい

という情報が。

兄の情報なんで、さあ信頼度何%なんでしょうか・・・私どこまで信用していいのかわかりませんが。



とにかく、ますます下がってしまう確率が高いっていうのはわかります。

こんなに安いんだったら今のうちに買っとこうっていう人もいると思うんです。

このあたり、「センス」なんでしょうね。

時代を読む目とか。

あーでも経済に詳しくないと、この状態にあるJALがどうなっていくのか、判断しずらいのかもです。




JALがまさかこういうことになる日がくるなんて、ほんとに思わなかったです。

誕生日割引ではかなりお世話になりました。

今となっては、あれで随分こちらはお得だったんですが、JALは損ばっかりだったんじゃないかしら、と申し訳ないような。

どうせなら一番お得な旅を!ってことで、ほんとに一番遠い路線選んで旅行いったりしてましたし。



世の中は変わっていくんですね・・・・・