ひとり井戸端会議

つまりは雑記帳です

December 2008

8万

yahooニュース「雇い止め8万5千人」

上記ニュースより一部引用

厚生労働省は26日、来年3月までの半年間に、期間満了で契約を更新されなかったり途中で解雇されたりする「雇い止め」の非正規従業員が8万5000人を突破するとの調査結果を発表した。初めて調査した先月28日公表分の3万67人に比べ約2.8倍に悪化した。就職内定を取り消された大学・高校生も769人になり、先月調査から約2.3倍に増えた。不況の深刻化で雇用情勢が急速に厳しさを増していることを示す結果になった。

 厚労省によると、今年10月〜来年3月に派遣・期間労働者など非正規従業員の雇い止めをしたか、予定しているのは1415事業所で、総数は8万5012人。うち5万2684人は年内に雇い止めになる。また、少なくとも2157人が住まいを失い、5万人については住居の状況が把握できていない。業種別では製造業が8万1240人と全体の95.6%を占めている。


以上、YAHOOニュースより抜粋引用

来年3月までに、8万5千人とありますが。
この数字で本当に収まるのでしょうか、という気がします。

今のところは、8万5千人。
厚生省が把握している数が、8万5千人。

と、いうだけのことではないのでしょうか。

1ヶ月後の経済状況など、誰にも予測できるものではありません。

予想を超える悪化は続くばかりです。
日本から母国へ帰って行く外国人の人も多いようです。
片道チケットばかりが売れているという話も聞きます。

それは、就職先がないから、という理由なのですが。

見方を変えれば。

「もうこの国は危ないから出て行こう」ということでもあるのでは、と心配になります。
景気が上向きになったとしても、今までのような安い労働力を確保することができないということになるのではないかと。

もちろん日本人の人がその分、仕事を手にできるじゃないかという意見もあるのでしょうが。

さて、今までのような低賃金で、はたして景気が上向きかけた頃、労働力の確保はできるのでしょうか。

もっと条件のいいところへどんどん乗り換えて行くのは目に見えています。
ネットで価格を調べて、より安く販売しているネットショップが売れるように。

悲観的な見方をすれば。

せっかく景気が上向こうとしていても、なかなか「抜け出す」のは難しい気がします。

生活保護

YAHOOニュース「派遣切りに生活保護」

上記ニュースより抜粋引用

減産や派遣社員の削減を進めている自動車メーカー「マツダ」(広島県府中町)や関連会社から派遣契約を打ち切られた13人が、広島市に生活保護の申請をしていることが13日、分かった。市はすでに7人に対して生活保護の支給を決定し、残る6人については審査中という。

同課によると、派遣社員から市への相談は11月以降、22件あった。このうち、マツダや関連会社の派遣社員の相談は16件で、「雇用保険だけでは今後の生活のめどがたたない」「寮の退寮期限が迫っているが行くあてがない」などと訴えているという。


以上、YAHOOニュースより抜粋引用


これは、なにも広島県だけに限った話ではなくなってくるでしょう。
派遣の仕事での収入を生活費にしており、その仕事を打ち切られた場合。

雇用保険があるじゃないか、という意見もあると思いますが。
しかし、その雇用保険の額が、生活保護の審査を通るほどの額でしかなかったからこそ、生活していけないという判断になったのでしょう。

いわゆるワーキングプア、低所得者層の人たちは。
東京都で生活保護を受けている人がもらっている金額とほとんど差がない、と聞いたこともあります。

仕事をするとはどういうことなのか。
収入を得るとはとういうことなのか。
生活をするとはどういうことなのか。

そして、生きていくとはどういうことなのか。

迷う人もこれからたくさん出てくるでしょう。

そんな時に、心の支えになる人がいるかいないか。
相談できる人がいるかいないか。

同じ「派遣切り」でも、ほんの小さな差で、その先の人生はそれぞれが全く変わったものになって行くのでしょう。

自己責任だという意見が流行した時期がありましたが。
自己責任という言葉では片づけられない失業も、これからどんどん増えて行くと思われます。
どんなに資格を持っていても、どんなに営業成績がよくても。
経営陣次第で、会社は簡単に潰れてしまうのです。
資格や営業成績を勲章に再就職の道を目指したとして、見事再就職が叶うということは。

その分、誰かの首が切られるということに繋がる。

そんな時代は目の前に来ているのかもしれません。

どんなに実力があっても「明日は我が身」。


ほんの少し前まで流行していた自己責任という言葉。
その言葉をネットの中で、他人を攻撃するのに頻繁に使っていた人が、今、失業の憂き目に遭っているかもしれないのです。

一兆円

ブログネタ
日本経済 に参加中!
YAHOOニュース「トヨタ、下期は赤字転落」


このニュースに載っている数字。
あまりにも大きすぎて、頭がついていきません。

まず、営業利益は予想を一兆円下回るのだとか。
一兆円・・・・・ゼロがいくつ付くんでしょう・・・??

でも。

この「一兆円」という数字は。

トヨタだけではなく、下請け、孫請けの会社へもどんどん悪影響を与える数字。

トヨタはもつかもしれませんが。
下請け、孫請けはどうなってしまうのでしょう。


ほんの少し前まで、トヨタは「期間従業員募集」を全国規模で行ってきました。
寮完備で、給料もいい。

たくさんの人がトヨタを支えていたはずです。

そしてその人たちは、「はい期間終了、さよなら」となっています。




トヨタは、これから先、また景気がよくなったら。

再び使い捨てのできる期間従業員を大量に雇用するのでしょうか。


韓国の金利値下げ

ブログネタ
アジア に参加中!
YAHOOニュース「韓国の基準金利過去最低」

上記ニュースより抜粋引用

過去最低の年3.0%にすることを決めた。世界的な景気悪化に対応した異例の大幅利下げ


以上、抜粋引用



韓国の経済危機も、かなりのものがあるようです。
確か、韓国の高級ホステスさんたちは、このままじゃ収入にならない、と、どんどん日本へやってきているとか。
でも、日本でもそんなには稼げないとは思うのですが。
それに、確か最近の女子高校生の人気職業の中に、「キャバクラ嬢」があったような気もしますが・・・・・・

身体を壊さないよう、そして悪い話には引っ掛からないよう、気をつけて。
としか言えません・・・・

幕末カレンダー

ブログネタ
最近の話題 に参加中!
YAHOOニュースより「カレンダーは幕末モノが人気」

上記ニュースより抜粋引用

幕末の重要人物たちの姿を日替わりで楽しめるのは「珠玉の一言 万年カレンダー」。1日から31日まで坂本竜馬や西郷隆盛、勝海舟をはじめとした幕末の主要人物たちの名言や歌がいっぱい。“ペリー来航”から“箱館戦争終結”までの歴史も分かり、激動の幕末を肌で感じ取れるカレンダーだ。毎日めくるもよし、お気に入りの人物や言葉のページで止めておくもよし。好きなように使いたい(1575円)。

また、オフィスでもさりげなく使えるのは置き型カレンダーの「土方歳三」と「吉田松陰と松下村塾」だ。熱いメッセージあふれるカレンダーをデスクに飾れば、仕事のやる気もアップするかも!? 月ごとに彼らの歴史や豆知識、歌なども見る事ができる(各840円)。


以上、抜粋引用


NHKの大河ドラマの影響も大きいようです。
でも、今だって十分に「激動の時代」。
これからいったいどうなるのか、と不安に思う人もかなり多いのではないでしょうか。

幕末に生きた人たちのカレンダーを、現代人はどんな思いで購入しているのでしょう。
今はまさに「激動の時代」。
いえ、実は幕末からずっと、日本は激動の時代を歩み続けているのかもしれません。


これからの「仕事探し」は厳しくなりそうです

ブログネタ
就職・転職・派遣・パート・アルバイト に参加中!
最近のニュースをみていると。
毎月、安定した収入を得る、ということ自体が、難しくなってくる人が激増しそうな感じがします。
派遣職員やアルバイトでどんどん仕事先を変えたとしても、毎月生活していけるだけの収入があれば、まだいい方。
そんな時代になってしまうのではないでしょうか。
派遣の仕事やアルバイト先を探すだけでも一苦労、そして少しでも収入を得るために、どんどん時給の低い仕事を選ぶしかなくなっていく、条件の悪い仕事を選ぶしかなくなっていく。
それでもまだ、毎月の収入があればいい方だ。
・・・・と、いう時代がすぐそこまで来ているような気がします。

ただの悪い予感、で終わればいいのですが。

むしろ、「考えすぎだったね」と、あとになってこの記事を自分で笑い飛ばせるようになっていてくれて欲しいと思います。

悪質内定切り

ブログネタ
.気になったニュース7 に参加中!
YAHOOニュース「悪質内定切り」

上記ニュースより抜粋引用。

「悪質なケースとしては、内定取り消しを通告された男子学生が理由を聞くと「内定だから、説明する必要はない」と言われた例があった。会社は「こちらの取り消しではなく、自己都合で辞退すると書いて書面で送れ」と言い、学生が拒否して働くことを希望すると「採用してもすぐに解雇する」と言われたという。」


以上、抜粋引用。


「内定」という言葉は、都合のいいように意味を変えられ始めたようです。
大学生に対して、どんどん時期が早くなっていった「内定」。
内定イコール就職決定、と雇用する側も学生側も解釈する時代が続いていたのですが。
都合が悪くなると豹変するのは、自分の身を守ろうとする側のエゴ。
だから切り捨てる。

今の時点でこれだけの内定切りが出ているということは。
今後、どうなっていくのでしょうか。
内定切り以前に、内定していた会社そのものが消えてしまう、という事態もないとは言えません。
もちろん、就職直後に、倒産に巻き込まれる可能性だってあります。

そして就職氷河期に身を投じなければならなくなる。

でも、それは次の春に就職を迎える人に限ったことではなく。
少しは景気が上向きだったここ数年間の間に順調に就職した人たちも事情は同じです。



もちろん、もっと上の世代でも事情は同じなのです。



年俸1ドル

インフォシークニュース「年俸1ドル」

アメリカのフォードのCEOの年俸です。

1ドルです。
100円位です。
1年間でもらえるお金が、1ドルなのです。

元の金額は、18億を超えていました。


そして、フォードは、2011年までに、黒字を目指すのだそうです。
果たしてこの世界的な経済危機の状態で、2,3年でどこまで経営を再気させることができるのか。

日本にも大いに関係のある企業のことなので、黒字に転換すればすぐさまニュースとなることでしょう。

その時、この年俸1ドルがどうなっているのか。

そのあたりも気になるところです。


インフルエンザ

ブログネタ
最近の話題 に参加中!
YAHOOニュース「インフルエンザ」

インフルエンザは、風邪とは違います。
インフルエンザは、怖い病気なのです。
風邪と症状が似ているだけで、全く違う病気です。

でも日本では、インフルエンザや風邪程度では仕事を休んではいけないという気質があります。

新型インフルエンザが日本にやってきたとしても、その気質は変わらないでしょう。

新型インフルエンザがもしも本当にやってきた場合。

1人でも発見された県の全ての学校は休校となるようです。
1人でも、です。

それだけ危険な伝染病なのです。

でも、仕事をしなければ、という気質が。

恐怖の伝染病を蔓延させる原因になるでしょう。

そして今の日本人は、ストレスや様々な環境汚染、保存料たっぷりの食べ物などで、すっかり弱い生き物になっています。
しかも清潔を追い求めるあまり、結果的にますますひ弱になっています。
医学の恩恵を受けながら、身体を汚染させる生活を続けています。

そんな時に、己の免疫力しか頼ることができない病気に襲われたら。
たとえワクチンがあったとしても、ワクチンが自分に回ってくるまで持ちこたえる体力がはたして今の日本人の身体にどこまで残っているのか。

とても疑問に思います。


ヨン様もかなりの損失を出しているとか

ブログネタ
芸能ニュース に参加中!
テレビで観たのですが。

ヨン様も、投資でかなりの損失を被ってしまったようです。

お金のある芸能人には、いろんな人が群がります。
お金目当ての人。
自分が世に出るきっかけをつかみたい人。
芸能人の持つ資産を狙っている人。

ヨン様の周りにも、いろんな人が群がってきたことでしょう。

ヨン様が投資をしていたのは、自分の意志だったのか勧められてのことだったのか、わからないのですが。
かなりの額を投資していたようです。

それなりに大きな金額を投資に使うのであれば、信用できる専門家をアドバイザーとして顧問契約を結ぶ方がいいと思います。
確実に利益を出していくのなら、顧問料くらい安いものです。

ヨン様には、そういう適切なアドバイスをしてくれる人がいたのでしょうか。

それともできるだけのアドバイスをして、この程度の損失で済んだということなのでしょうか。

テレビで報道された短い時間の説明だけでは、そんな細かいところまではわからなかったのですが。


世界には、全財産を失ったと言う人もたくさんいます。

ヨン様はどれほどのものを失いどれだけのものが残ったのでしょうか。