こちらの記事 MSNニュース
そこまでやる!?「節約女子」が営む極限生活の実態

節約を頑張る女性たちの工夫があります。
女性は外見に掛けるお金も必要なので、工夫しないといくらでもお金がかかってしまうのです。

書かれている節約方法を見て、このくらい誰でもやっていると思う人もいるかと思いますが、それと同じ人数、こんなこと日々できないと思う人もいますし、中にはこんなちまちました節約よりもっと効率的な方法が・・・と思う人だってきっといます。

節約術は、ある程度生活費を絞った後は、もう小さく小さく工夫していくしかありません。
収入を増やす工夫をした方がずっと効率的なケースもきっとあると思います。
節税の知識ひとつでかなり得をする場合もあるでしょう。

節約を楽しんでできればいいのですが、ひたすら耐えている人の方が多いと思います。それに昔と違って今は、知識や情報の差で手元に残るお金の金額が変わって来ることもよくあります。節約の知識の豊富さと手元に残るお金の多さとが比例するのが良いとは思いますが、残念ながらそうではないのが世の中です。

あまりストレスが溜まってしまう節約生活に耐えるより、ほどほどにして副収入を頑張る方が結果的に良い場合もあるでしょう。それに副収入禁止の人もいますので難しいです。ポイントサイトなどで、年間の上限内に抑えて副収入を頑張っている人もいるでしょう。年間の上限内とは何だろうと思ったら、税金についてもっと調べてみることをお勧めします。その金額が、数年後の自分への大きなご褒美になるかもしれません。
税制は少しずつ変わります。様々な控除についても知っておく方が自分がお得です。