AIが近い将来、人間の仕事をどんどん肩代わりしてくれると言われていますね。
でもそんな近い将来の見通しが現実のことになったとしても、人間にしかできない業務もまだまだ多いと言われています。
人間にしかできないこと、AIが担ってくれること。上手く分担できて、誰もが単調作業を繰り返すだけの仕事ではなく、もっとクリエイティブで楽しく働くことができればいいのですが、本当にそうなれるのか分かりません。

人間も好みはそれぞれですから、AIが担うべき仕事を自分がしたいと思う人もきっといます。クリエイティブなことも単調なことも、その人が望む仕事ができるというのが理想ではないでしょうか。
AIが担うことができない仕事はその分収入も上がるのかもしれません。
AIが担えることだったら、人間がその仕事をしてもあまり収入はよくないかもしれません。
AIが担えるのなら、希望しても人間はさせてもらえなくなるのかもしれません。

先のことは分かりませんが、今、人間が当たり前のようにやっている仕事をAIが担う日は、職種によっては意外に早く来るような気もします。

せめてその時に、スムーズに転職できるような環境が整っていればいいですね。
今でさえ景気はよくないのですから、あまりそういうことを考えていると暗い気分になってしまいますが。

AIの進化に合わせて、人間はどう変わっていけばいいのか。
その辺りも、しっかりと考えて行かないと、取り残されてしまいそうです。
でも、何をどう考えて、何をどう準備すればいいのかが難しいですよね。
人間の仕事が急激に減る直前になるまで、もしかしたら実際に激減してから、大問題になるのかもしれません。
 
 せめて、世の中の動きをしっかり見つめて、よく分からないけれど現状維持ができればと思っているうちに身動きできないことに・・・という事態は避けたいものです。