ひとり井戸端会議

つまりは雑記帳です

就職

これからの「仕事探し」は厳しくなりそうです

ブログネタ
就職・転職・派遣・パート・アルバイト に参加中!
最近のニュースをみていると。
毎月、安定した収入を得る、ということ自体が、難しくなってくる人が激増しそうな感じがします。
派遣職員やアルバイトでどんどん仕事先を変えたとしても、毎月生活していけるだけの収入があれば、まだいい方。
そんな時代になってしまうのではないでしょうか。
派遣の仕事やアルバイト先を探すだけでも一苦労、そして少しでも収入を得るために、どんどん時給の低い仕事を選ぶしかなくなっていく、条件の悪い仕事を選ぶしかなくなっていく。
それでもまだ、毎月の収入があればいい方だ。
・・・・と、いう時代がすぐそこまで来ているような気がします。

ただの悪い予感、で終わればいいのですが。

むしろ、「考えすぎだったね」と、あとになってこの記事を自分で笑い飛ばせるようになっていてくれて欲しいと思います。

採用担当者が求めるもの

ブログネタ
就職・転職・派遣・パート・アルバイト に参加中!
livedoor ニュース


このニュースより、人事担当者が求める人物像を抜粋してみました。


1位・日頃から常に向上心を持って仕事に取り組める人(35.3%)
2位・自発的にものごとに取り組める人(34.5%)
3位・応募する企業に入りたいという熱意が感じられる人(26.3%)
4位・行動力やバイタリティがある人(25.8%)
5位・応募者が会社の雰囲気に合う人(25.3%)


以上、上記ニュースからの抜粋です。

まあ、社会人としては当然欲しい資質だとは思います。

あと、5位の結果が、私としては意外でした。

もしかしたら、調査した企業の分野に偏りがあったのかもしれないのですが。

会社の雰囲気に合う人。

社員はみんな、「会社の顔」として仕事をしてもらうわけですので、当然と言えば当然なのですが。

その会社で、他の条件を満たして仕事をしていれば、自然と会社の雰囲気に合う人になって行くと思うのですが・・・・。

没落エリート

ブログネタ
就職・転職・派遣・パート・アルバイト に参加中!
インフォシークニュース「京大卒が就職できないのは社会のせい」


ちょっとした騒ぎになっているようです。
京都大学卒業のエリートなのに希望どおりの就職ができないのは、社会と教育が悪い、という意見に、反対意見が出て・・・という騒ぎです。

これはまだまだ、こんなに経済状況が悪くなる前、7月の終わりの話です。


こういう問題は以前からあったのでしょう。

「京都大のエリート」であろうがそうでなかろうが、希望どおりの就職ができる人はできるし、できないひとはできない、という。

それに、希望通りの就職ができていたとしても、この先、就職先が安泰とは限らないですし、逆に、希望に沿わない就職をしていたとしても、結果的に、なんとかこれからの不況を生き残ることができるかもしれないし。


「エリートだから希望が通る」という時代はもうないでしょうし。

そもそも、エリートだから希望が通るのかどうかということについて熱い論議をすること自体が、まだまだ甘いというか平和ボケというか。


ちなみに私の聴く限りですが。

東大卒でも使えない人は使えません。

そして、高卒で、「偏差値の高い大学を卒業したエリート」を実力で追い越して出世していく人もいますし。


「教育」と「社会人として通用するのか」がリンクしてない場合も多いですよね。

そのあたりが問題なんだろうなとは思います。


何か月も前の話を蒸し返してスイマセン。

偶然こういう話題を目にしたので・・・・・・



就職難

YAHOOニュース「9割が就職活動厳しくなると回答」

去年、一昨年あたりの就職状況から比べると、次の就職活動時期はかなり厳しくなると思われますし、実際に就職活動を行う学生も、そう感じているようです。

それに、景気のよい時期に入社した正社員の人たちだって、会社がはたしてこの先どうなっていくのか、リストラの対象になるのではないか、不安は尽きないと思います。

赤字じゃないから大丈夫、という保証はありません。

黒字でも倒産はあり得ます。

だから怖いのです。

一説には、アメリカ経済はまだ数年は回復しないという見方もありますし、円高もまだ続くという見方もあります。

思いもよらないところにその影響が出てきたりするので、気が抜けません。



しかし、こういう混乱期に頭角を現す人やあたらしい形の商売というのは必ず出てくるものです。

それがよいものであれあまりよくないものであれ、一時の花を咲かせていくのでしょう。

不況だからと言って、全国民が苦しむわけではありません。

できれば、一人でも多くの人が生活に困らずにすむ社会で、景気が回復するまで、みんなで力を合わせていけるのが一番良いのですが・・・・